音楽

AIによる楽曲マスタリング、LANDRを使ってみた

Writen by 山内結

みなさん、こんにちは。
サウンドクリエイターの山内結です。

近頃、AIの進歩が素晴らしいですね!

AIが音の分野に関与することはなかなか難しいと言われていますが、
実は、既にマスタリングのAIが活躍しているのをご存知でしょうか?

 

今回のブログでは
LANDRというAIによるマスタリングサービスを使って、

私のアーティストワークである”Inear"の楽曲をAIでマスタリングした話しを書こうと思います。

▼Inearのオフィシャルサイトはこちら▼

Inear Official website

 

楽曲制作におけるマスタリングとは?

楽曲制作における重要な最終工程、マスタリングについて。

マスタリングとは、いわば膠やニス、つや出しのようなものです。
iPhoneスピーカーから、ダンスクラブの大きなサウンドシステムにいたるまで、あらゆるデバイスでの再生で音質を最適化します。
この言葉の由来はマスターコピーからきています。
マスタリングはアルバムに含まれる楽曲の統一性、一貫性を保証します。最終的に、マスタリングによってすべてのオーディオでクリーンでまとまりのある音を作り上げます。

 

最後の仕上げでもあるマスタリング、AIに任せちゃっていいの!?という感じですが、
お願いしてみました。

 

AIのよるマスタリング機能、LANDR

 

瞬間オンライン・オーディオ&ミュージックマスタリング、ストリーミングサービスへのデジタル音楽配信、コラボレーション、プロモーションツール

当初、2つのAIマスタリングサービスを検討しました。
・LANDR
・eMasterd
上記2つです。

今回2曲のリリースを考えていたので、2曲それぞれの音圧のバランスが均一だと感じたLANDRにしました。
eMasterdの方は重低音をしっかり持ち上げたいときに使いたいと思います。

因みに、無料でマスタリングを試すことができます。

音源データを投げるだけで視聴することが出来るので、音の完成図を構築しやすいですね。

 

ミックス次第でマスタリングの仕上がりが変わる

楽曲のバランスをこちら側でしっかりミックス出来ていれば、AIが楽曲につや出しをしてくれます。

またある程度のノイズなども除去してくれる。

私はミックスを3回ほどやり直しました。
音圧は全体を底上げしてくれるので、バランスがとれていれば成功しやすいと感じました。

 

今回LANDRでマスタリングをした曲【SEASON】がYoutubeで聴けます。
ぜひ聴いてみてくださいねー!

 

いかがでしたでしょうか?

最後まで聴いてくださりありがとうございました。

 

Full Ver.をApple Musicでリリース中!