テクノロジー

FuelPHPとWordPressを組合せて使う【前編】

Tags: /
Written by Kishimoto

WordPressのページ作成がいつも面倒というか制作環境から本番環境にするとき手間がかかるので、FuelPHPと組み合わせることでファイルをアップしたら反映できるようになるので、かなり便利に楽になりました。

基盤はFuelPHPを使い、バックグランドをWordPressにすることで、さらに自由度が増すよ!

ディレクトリ構成

レンタルサーバーとかでは、publicの部分が違う可能性はありますので、そこは適宜変更してください。
CPIサーバーの場合でしたら、htmlディレクトリがWebのルートディレクトリになります。

FuelPHPとWordPressを連携させる

まず、FuelPHP側のappディレクトリ内にあるbootstrap.phpに以下のようにWordPressのファイルを読み込みます。

<?php
// WordPressの関数群を読み込む
// FuelPHPより先に読み込ませることで、__()関数と被らない
require DOCROOT.'wp/wp-load.php';


// Bootstrap the framework DO NOT edit this
require COREPATH.'bootstrap.php';

\Autoloader::add_classes(array(
    // Add classes you want to override here
    // Example: 'View' => APPPATH.'classes/view.php',
    'Html' => APPPATH.'classes/html.php',

# 〜〜中略〜〜

これでWordPressの関数が使えるようになります。
これだけではまだ関数しか使えないので、WordPressのデータを読み込んだりするのは、Controller側でWordPressのファイルをさらに読み込む必要があります。

その前に、WordPress側のwp-config.phpを編集します。

wp-config.phpを編集

WP_DEBUGの下辺りに追加してください。

<?php
// COOKIEのパスを変更
define('COOKIEPATH','/');
define('SITECOOKIEPATH','/');
define('ADMIN_COOKIE_PATH','/wp/wp-admin');

COOKIEのパスはpublic/index.phpがあるところを指定します。
WordPressのADMIN_COOKIE_PATHwp-adminフォルダがある位置を指定します。
このCOOKIEのパスを指定しておかないと、パスワード付きの記事などが動かなくなってしまいます。


WordPressの管理画面から一般設定のURLとパーマリンクを調整します。


固定ページで、投稿ページを作成

投稿ページを作成して、設定の表示設定から固定ページを指定します。

テーマの作成

テーマを作成しますが、プレビューの処理をindex.phpにいれるのと、functions.phpに管理画面などの設定を書いていくのみです。
それ以外は全てFuelPHPで作成していきましょう。

これで一通り準備が整いました。

次回は、FuelPHP側の設定を見ていきましょう!

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら