ライフ

毎月1日に神社に参拝し、自分と向き合う大切な時間

Written by 西中 政和

こんにちは、株式会社MIRAI 代表 西中政和です。

昨年から「朔日参り(1日参り)」を始めました。
以前は、初詣くらいでしか神社参拝をすることがなかった私です。

朔日参りとは

今日は、朔日参り(※)のお話をさせていただきます。

※朔日(さくじつ)参りとは、「おついたち参り」とも言います。
朔日とは、1日のことを意味します。1日に神社へ参拝することが「朔日参り」です。

皆さまは、神社というとどんなイメージをお持ちでしょうか??
人それぞれの違うと思います。

自分と向き合う場所

「神様にお願い事をする場所」という方も多いのではないでしょうか??
私にとっては、お願いする場所ではなく「自分と向き合う場所」です。

神社の本殿には、「鏡」があります。
これには、「鏡を通して神様と自分自身が向かい合う」意味があります。
「かがみ」から「我(が)という言葉を抜くと「神(かみ)」になると言います。

神社の鏡は、「我を抜いて己の姿を見ればそれが神である」ということ表しております。
つまり、自分自身が神である。創造主ということです。
自分が自分の中で創り出す世界が現実となっていきます。

月1回、神社にお参りすることで、自分と向き合う時間にしております。
神社の神聖な空気の中、身体とココロをリフレッシュさせています。
これにより私は、月初めを気持ちよくスタートすることができます。

最後までご覧になっていただきありがとうございました。

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら

Category:ライフ
西中 政和
12年間美容師として働いた後、IT・Web業界へ転身。2015年に株式会社MIRAIを設立し、コンサルティング、クリエイティブ、テクノロジーの三位一体で「ビジネスの問題解決」に取り組んでいる。顧客と密なコミュニケーションを行い、理念・ビジョンを理解した上で事業戦略やサービス全体をデザインし、現在は全国12道府県に広がっている。セミナー・講演実績は、比治山大学、中小企業大学校、商工会、タカラベルモント広島・岡山、GAMO、創業手帳、WTM、岡Webなど多数。