音楽

LANDRで楽曲をリリースしてみた

Written by 山内結

みなさんこんにちは!
サウンドクリエイターの山内 結です。

 

前回の記事「AIによる楽曲マスタリング、LANDRを使ってみた」に引き続き、
今回はLANDRのもう一つの素晴らしいサービス【楽曲リリース】の方法について書こうと思います。

LANDRとは?

瞬間オンライン・オーディオ&ミュージックマスタリング、ストリーミングサービスへのデジタル音楽配信、コラボレーション、プロモーションツール

実はLANDR、AIによるマスタリングサービスのみならず、マスタリング後、楽曲を世界へリリースすることも出来るのです。

・Apple music
・iTunes
・Google Play Music
・Spotify

などといった皆さんご存知の有名なサービスから簡単にリリース出来ちゃうのです。

 

リリース方法

リリース方法は実に簡単です。

1.登録画面でリリース情報を記入
2.ジャケットの画像の登録
3 リリース準備完了

 

リリース準備完了後、LANDRに登録しているアドレス宛にサポートからメールが届きます。

ボーカル入りの曲には、著作権に引っかかるようなサンプルを使用していないか?などと言った内容のメールが片言の日本語で来ました。笑


最初このメールに対して日本語で返信してみましたが、また同じような内容のメールがきたので、英語で返しました。


「私はボイスサンプルを使用していません。自分の声を使っています。」といったシンプルな内容のメールを送りました。


文面のみの表明で大丈夫みたいです。

ソフィーが先に行って私のリリースをプッシュしてくれているらしい。なんだか心強い。笑

サポートでの問題がクリアできたらあとは配信完了を待つのみです。

簡単にリリースできちゃう

音楽を作っている人にとって、自分の曲を簡単にリリース出来たら、すごく嬉しいですよね。
昔は楽曲リリースというと、一般の人がすることはすごくハードルが高いことでしたが、現在はどんな人でも簡単に配信できてしまうのです。

意外とこのサービスを知らない方も多いと思うので、ぜひ便利なサービスを使って音楽を楽しんでくださいね!

 

▼Inearのオフィシャルサイトはこちら▼

Inear Official website

youtubeでshortバージョンの楽曲も聴けます。
ぜひ聴いてくださいね

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら

Category:楽曲制作
山内結
企業のブランドソング・サウンドロゴ・テレビ・ラジオCM・環境音楽などを手がける。ジャンルにとらわれず、人の心を動かす楽曲制作を心がけている。