クリエイティブ

色被り写真を簡単補正!Photoshopのトーンカーブを使った方法をご紹介

Tags: / / /
Written by マスベサチ

こんにちは、デザイナーのマスベサチです。

前回「Photoshopのトーンカーブでたった3ステップ!写真を補正する裏技」という記事で、コントラストを調整する方法をご紹介しました。
今回はその続きで、Photoshopのトーンカーブを使って「色被り」を簡単に補正する方法をご紹介いたします。

もちろん色被りしていない写真を使えるのが一番の理想ですが、どうしても天候や照明の関係で色被りしてしまうことはあります。
また、デザイナーさんなら「もらった写真が色被りしてしまっていた」というのは、よく遭遇する場面だと思います。

そんな時、色被りをきちんと補正しただけで仕上がりのレベルを上げることができます。
とっても簡単なので、ぜひ一手間加えて美しく仕上げてみてください!

色被りとは

色被りした写真とは、以下のような状態の写真のことを言います。

  • 黄色っぽい色味の照明の下で撮影した写真が、全体的に黄色っぽい仕上がりになってしまった
  • 晴天の青空の時に撮影した写真が、全体的に青っぽい仕上がりになってしまった

写真やカメラに詳しい方だと、ホワイトバランスや色温度という言い方をされることもあると思います。
こういった現象をPhotoshopのトーンカーブで簡単に補正することができますので、早速ご紹介していきます。

トーンカーブで色被り補正

こちらの、全体が黄色味がかっているお写真の色味を調整していきたいと思います。

1.調整レイヤーで「トーンカーブ」を作成

レイヤーパネルの調整レイヤーからトーンカーブを選んで新規作成します。

2.「画像内をサンプルしてグレー点を設定」を選択

トーンカーブ画面の左にある、スポイトマークの真ん中を選びます。

3.グレーのポイントをクリック

写真の中でグレーの部分を探し、そのポイントをクリックします。
思った色にならない場合は、別のグレーのポイントを何度かクリックしてみてください。

これで完成です。
いかがでしょうか?
全体が黄色っぽかった写真が、適正な色に近づいたと思います。

同様の方法で、他にもいくつかの写真を試してみました。

照明のせいで黄色っぽかった写真が補正されました。

蛍光灯のせいで緑っぽかった写真が補正されました。

まとめ

ここではあくまで「簡単に」補正できる方法をご紹介いたしました。
もちろん、もっと厳密に補正するならば他にも様々な方法があります。
でもこの方法なら、色被りについての専門的な知識がなくても、他のいろいろなツールを組み合わせなくても、トーンカーブをいじるだけで簡単に色補正することができます。

また、色被りがその写真の味になっている場合もあるので、全ての色被りを補正しなければならないということはありません。
パッと見て「あれ?この写真、なんか色がおかしいな?」と思ったときには、ぜひこの方法を試してみてください^^

ちなみに、色被りについてお話しすると「そもそも写真が色被りしているのかどうか分からない」「色被りしている気がするけど、何色なのか分からない」という声をお聞きすることがあります。
そんな時には、色被りしているかどうかをチェックする方法もありますので、こちらも後日ご紹介できればと思っています。

それでは、最後までお読みくださりありがとうございました!

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら

マスベサチ
1988年生まれ。一児の母。 中学1年生のとき、自分の描いたイラストを発表するホームページを作ったことがきっかけで、Web制作をはじめる。 MIRAIではデザイナー兼ディレクターとして、社内外の全てのデザインワーク・アートディレクションをおこなっています。