音楽

顧客から好かれる空間作り!エントランスに音楽を流していますか?

Tags:
Written by 山内結

 

エントランスBGMが大切な理由

 

エントランスはお客様がいらっしゃった時に、ファーストインプレッションを感じていただける大事な空間です。いわば双方のコミュニケーションがスタートする場所でもあります。

「お越しいただいたお客様にどんな気持ちになってもらいたいか?」


適正なBGMを流すことで、目では見えないホスピタリティを提供することができ、打ち合わせ前からお客様のモチベーションを上げることが出来ます。そして、心地いい空間作りは、目に見えないコミュニケーションの成功でもあり、リピート率UPに繋がります。

 

音のないDisneyland 、想像できますか?

 

もはやホラー、と言っても過言ではないでしょう。
場内に入るとエントランスから流れてくる音で、”きたきた、これぞまさにディズニー”って感じになってきませんか。もし音がなかったらと想像すると、不気味ですし、そんなディズニーランド私は嫌だな。エントランスのBGMで既にディズニーランドらしさを表現出来ています。さすが世界のディズニー。これはいわば企業ブランディングの一つですね。

DisneylandのエントランスBGMはこちら

 

PC_スマホ20180212

 

どんなエントランスBGMがいいの?

 

MIRAIでもエントランスBGMを流しておりますが、実際に流してみて、エントランス音楽に向き不向きがあるのが分かりました。では、どんなことに気をつけたらいいかお伝えします。

①1曲を通して音量に差がないBGMを流す

オーケストラなどによくあるのですが、一曲の中で音量に差があると、音量調整を常にしないといけないのであまり向いていません。クラシックでもピアノがメインの楽曲ですと割りとボリューム調整がし易い傾向があります。もちろん例外もありますので注意です。

 

②インテリアや社風、店舗に合ったBGM

例えばクラシカルなインテリアにバリバリのテクノ音楽を流してもなんだか浮いてしまうのは想像がつきますね。場合によっては異例もありますが、実際に流してみて合っているか確かめてみましょう。最初はなんの違和感も感じなければOKです。だんだんと、この空間にはこの音楽がバッチリ!とピントが合うようになってきます。また、どれだけお客様にワクワクしてもらいたいからといって、音楽だけが元気でもよろしくないです。空間と音楽が合っていない演出は、聴く人にとっては、不信感に繋がることもあるのでしっかりと選んでいただきたいですね!

 

 

Create the Harmony
オリジナル楽曲で会社のブランディングをはじめよう

MIRAIでは、ブランディングの為のコーポレート楽曲やサウンドロゴ、今や主流になっている動画BGMといったあらゆる媒体でオリジナルの楽曲制作をしています。
会社の理念やビジョン、ストーリー、作品のコンセプトや想いを、しっかりヒアリングした後に制作するのでフリー素材では作れない世界でたった一つの楽曲をお作りいたします。

 


 

"For making the space witch Liked by customers"

 

ーDo your company playing the music in Entrance?

Entrance is very important place for the customer give a first impression of your company.that is a moment staring Communicate you and your customer .What do you wanna let ur customer feel?You can serve ur hospitality and can let them raise up motivation before meeting .

 

ーCan you imagine of the “NO SOUND" DisneyLand ?

An easy to understand example is DisneyLand.We feel “That’s DISNEYLAND” when  I hear the MUSIC in Entrance.If no sound , That’s so strange,and I don’t wanna go there.One of the branding is MUSIC for Disneyland.

 

ーWhat kind of BGM is good for Entrance?

I play Entrance music in MIRAI Inc and I noticed ,there are good and bad for Entrance one.


1.There are no difference in volume.
often in classical music ,They have different in volume,so you have to adjustment it finely.I think the music almost made playing piano is good.

2.BGM suits to Interior of your Entrance
For example,Usually Techno music doesn’t suit to classical interior.so you have to confirm is that combine good. and Be careful people sense of distrust when hear the music does not match the space.

 

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら

Tags:
山内結
企業のブランドソング・サウンドロゴ・テレビ・ラジオCM・環境音楽などを手がける。ジャンルにとらわれず、人の心を動かす楽曲制作を心がけている。