ビジネス

集客効果がない?集客できないホームページ制作の3つの特徴とは

Tags: /
Written by 西中 政和

こんにちは、広島Webマーケティング会社の株式会社MIRAI 代表 西中政和です。
今回は、集客効果のあるホームページ制作の特徴についてお話をさせていただきます。

ホームページで集客できない理由とは

 

ホームページには、大きく分けて3種類あります。

 

  • 名刺的なホームページ
  • 看板的なホームページ
  • 営業マン的なホームページ

 

名刺的なホームページというのは、社名、電話番号、メールアドレスなどの情報掲載されてることを指します。
看板的なホームページというのは、名刺的な情報+メニューなどの情報掲載されてることを指します。
営業マン的なホームページというは、戦略的にマーケティングを取り組んでおり、常にPDCAを行い運営してされていることを指します。

「ホームページは休むことなく、24時間働いてくれる営業マン」になってくれると、会社にとって集客チャネルが増えて嬉しいですよね!? ただ、多くの会社は、ホームページで集客できてないのが現状だと思います。

なぜホームページで集客できない会社が多いのでしょうか??

 

その理由は、3つあります。

  • 経営者がWeb制作に携わることなく、制作会社に丸投げ
  • 経営戦略、事業戦略とWeb戦略・マーケティングが繋がっていない
  • 担当者、運用予算が設けられていない

 

ホームページをホームページ制作会社に任せて失敗したことはないでしょうか??
ビジネスを伝えても理解してもらえず、ベースの基になる文章や図はどうにか自分たちで考えてつくったけど・・・
結局、誰に何を伝えたかったのだろうと…ユーザーが知りたい情報が分かりにくくなってしまった記憶はないでしょうか??

1度ホームページ制作で失敗した会社は、もう2度と「失敗したくない。高額な金額払って騙されたくない」と感じるとおもいます。
今は、ホームページをつくるだけでは、無料作成できるサービスや低料金でホームページ制作をできるようになりました。

だけど、金額が低くなると低品質なホームページ制作を増えているは事実です。
SEO、SNSなどもきちんと運営しながら、さらにWebマーケティングを取り入れていくようになると年々ホームページが増えていく現状は、Web集客の難易度も高くなってる感じております。

ホームページ制作会社は、ホームページを制作するプロであっても集客のプロではありません。
つまり、「集客の目的でホームページ制作するのか」。「ホームページをつくる為に制作するのか。」の目的で変わっていきます。
なので、集客実績のある会社のご相談することがよいです。

弊社でも多くの実績がございますので、一度ご相談くださいませ。

経営者がWeb制作に携わることなく、制作会社に丸投げ

 

零細・中小企業の場合は、ホームページ制作する場合は、経営者が必ず携わった方がよいです。
これは、弊社の経験からも断言できます。

理由は、経営理念、ビジョン、経営戦略、事業戦略を一番知っているのは経営者です。
ホームページ集客は、あくまでも手段の一つだと言えます。
ホームページから事業戦略を考えることは、考えにくいです。

経営者にITやWebが苦手な方が多いのも現状です。そこで、若い社員に制作会社とのやり取りを任せることが多いです。

ここが落とし穴になります。

ビジネスを分からない若い社員とビジネス・集客がわからないホームページ制作会社が一緒にホームページを制作したら、
結果は、どーなるかはきっとご想像できるとおもいます…。

なので、ビジネスを理解してる経営者や会社で営業実績をあげている社員などが制作に加わるとよいです。
弊社でも、お客様の会社のこと知ることからいつもスタートしております。
その後、業界のこと、ターゲットのことなどを調査してから制作をさせていただいております。
そうすることで、お客様のビジネスがそのままデザイン(設計)されます。

経営戦略、事業戦略とWeb戦略・マーケティングが繋がっていない

 

ホームページ制作するのに、よいデザインとは何かを定義すると「売上に貢献できる」。
最新トレンドデザインとカラーを使ってキレイなホームページをつくることがゴールではありません。
ホームページは、アートではなく、商業デザインです。

つまり、ホームページは「売れるデザイン」が必要となります。
その骨組みをつくるには、マーケティングが必須です。

 

マーケティングの理想は、販売を不要にすることである
ピーター・ドラッカー

 

ドラッカーが言われてるように販売を不要にすることがゴールです。
ホームページで自然に売れてします状態をつくるのがマーケティングです。ホームページで商品やサービスをユーザーが目にした時に、「これが欲しかった」と思ってもらうことが理想です。

ここには、企業の「伝えたい」とユーザー「知りたい」のバランスが大事です。
売れないホームページは、企業の伝えたいばかりの情報で埋め尽くさてます・・。
ぜひ、1度、ユーザーの目線で自社ホームページをご覧になってください。見えてない部分が見え始めます。

つまり、ユーザーが何を欲してるか、何に価値を認めるかを知らないといけません。
そして、ホームページは、ユーザーの為につくることをきちんと理解することが非常に大事です。

そこを理解し、経営戦略、事業戦略、Web戦略のビジネス整理をきちんとして、ホームページ制作を行います。
ネット時代は、ユーザーにとって、ホームページは、お客様の会社の知る玄関となっております。

担当者、運用予算が設けられていない

 

ホームページは、出来上がってからスタートです。
ネット時代においては、Yahoo店、Google店といった支店を置くという気持ちでホームページを運営したほうがよいです。
お金がかからなくて、誰が見てくれて集客ができるという幻想的ことはほぼないと言ってもよいと思います。

弊社でも集客の実績を上げているお客様は、きちんと運営をされております。
集客の結果を出されてるお客様の中に、「数ヶ月、ホームページ更新なし」という方はおりません。

大企業と違って、Web担当者・マーケティング担当者という専任を設けるのは難しいのが現状です。
なので、兼任することをオススメしております。
会社の中で話し合って、担当者を複数でもよいのでホームページを運営すればよいです。
そして、専門的な知識などない場合は、これから学べばよいと思います。
弊社でも、ホームページ制作されたお客様にセミナー研修などもさせていただきます。

そして、運用予算を設けるのも必要です。

零細・中小企業の場合は、広告宣伝費の予算を設けられてない会社も多いと思います。
まずは、ネット広告費やホームページ更新費などどれくらい掛けれるかをきちんと予算組みをするとよいです。
よくあるのが、ホームページをつくったらSEOやSNSからお客様が流入されると思われる方もいらっしゃいます。
残念ながら、そのようなことはほぼないと思ってた方がよいです。

まずは、Web戦略で目的・ゴール設定を決めて、仕組みづくりをします。
そして、ホームページでの集客目標人数のゴールに向けて、PDCAの施策を行っていきます。

 

まとめ

 

いかがでしたしょうか?
集客できないホームページ制作の特徴をお話させていただきました。
今回は3つのポイントでまとめました。他にも要素はたくさんありますが、今後お話していきたいと思います。
ユーザーの問題解決としてホームページを制作することが必要です。

集客するホームページは、見るものではなく、使うものです。

チラシやパンフレットとみたいに、見るものではなく・・。
ホームページは、運用して使うものです。

ユーザーに向けて、常に新しい情報発信や役に立つ情報を発信して届けることが大事です。

最後までご覧になっていただきましてありがとうございました。

 

 

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら

西中 政和
12年間美容師として働いた後、IT・Web業界へ転身。2015年に株式会社MIRAIを設立し、コンサルティング、クリエイティブ、テクノロジーの三位一体で「ビジネスの問題解決」に取り組んでいる。顧客と密なコミュニケーションを行い、理念・ビジョンを理解した上で事業戦略やサービス全体をデザインし、現在は全国12道府県に広がっている。セミナー・講演実績は、比治山大学、中小企業大学校、商工会、タカラベルモント広島・岡山、GAMO、創業手帳、WTM、岡Webなど多数。