音楽

楽曲制作といってもメニューは様々その②。企業ブランディングから空間演出楽曲まで!

Written by 山内結

みなさん、こんにちは!
サウンドクリエイターの山内結です。

最近よく楽曲制作のメニューについてご質問いただきます。
リクルート用の動画、CM・ラジオ、イベントで流す音楽など様々。

弊社では用途に合わせて音楽をご活用していただけるメニューをご用意しております。

 

ということで、前回に引き続き楽曲制作のメニューを紹介していきます。

企業オリジナル音楽

現在主流となっているWebCM、TV、ラジオCMなどにおいて、オリジナルの音楽を繰り返し流したり、楽曲により印象づけをすることで、企業への認知を視聴者へ広める手法の一つです。

一時ブームとなった社歌などはその一つで、社歌を一種の広告ツールとして使用することで集客の効果を期待できます。

環境音楽

環境音を取り入れた楽曲制作。

2018年2月にル ジャルダングルマンで開催されたイベントでは、食材を引き立てるための環境音楽を制作。
大崎上島に波の音や、醤油を混ぜる音、麹が発酵する音、鳥の鳴き声、柑橘を切る音など、様々なサンプリングを収録。そのサンプリング音源を織り交ぜてストーリーを感じることが出来る楽曲を作りました。

空間演出用音楽

イベント空間を演出するための音楽制作。

ポップアップストアであったりレストランであったり、イベントのコンセプトをヒアリングして一から作る楽曲はよりその商品やイベントの魅力をひきだします。

 

フリーの音楽に満足出来ない、もっとクオリティの高いものを作りたい、というかたに是非体感していただきたいオリジナル楽曲。

音楽は目では見えない情報伝えることが出来、人の心を動かすことが出来ます。

ご依頼を心よりお待ちしております。

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら