ビジネス

今さら聞けない・・・。インプレッション(Impression)って何?

Written by 西中 政和

こんにちは、広島Webマーケティング会社の株式会社MIRAI 代表 西中政和です。
今回は、ホームページを運営する時に必ず聞くWebマーケティング用語「インプレッション(Impression)」をご紹介させていただきます。

インプレッション(Impression)とは?

インターネット広告でインプレッション(Impression)という言葉をよく使われます。
サイト上に、広告の表示が見られた回数のことを指します。インターネット広告では、広告掲載している企業にとって、広告がどれくらい見られているかをします重要な数字でもあります。
あと、広告表示が1,000回の料金をCPM(Cost Per Mille)と言われており、「インプレッション単価」とも呼ばれております。
Milleが、ラテン語で1000を意味しており、そこから広告のインプレッション1000回あたりという料金となってます。

 

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら

Category:ビジネス / 用語解説
西中 政和
12年間美容師として働いた後、IT・Web業界へ転身。2015年に株式会社MIRAIを設立し、コンサルティング、クリエイティブ、テクノロジーの三位一体で「ビジネスの問題解決」に取り組んでいる。顧客と密なコミュニケーションを行い、理念・ビジョンを理解した上で事業戦略やサービス全体をデザインし、現在は全国12道府県に広がっている。セミナー・講演実績は、比治山大学、中小企業大学校、商工会、タカラベルモント広島・岡山、GAMO、創業手帳、WTM、岡Webなど多数。