音楽

話題のASMR動画が企業のブランディングに導入されている理由!

Written by 山内結

みなさん、こんにちは。
サウンドクリエイターの山内結です。

突然ですが、音フェチ動画ってご存知ですか?

普段日常で耳にするような気持ちのいい音を動画にしたもので、近年話題となっています。

音といっても多種多彩で、紙をくしゃっと丸める音や、耳掃除をしている時の音、
炭酸水のシュワシュワした音、中には頭皮マッサージをする時の音、なんていうのもあります。

なぜ話題になっているのかというと、この音を聴くことで起こる体の反応や、その効果に企業も注目をしているからなんです。

五感を揺さぶるASMR動画ってなに?

ご視聴いただきたいのがYAACHAMA J-ASMR様からアップロードされているこちらの動画。

YAACHAMA J-ASMR様はYouTubeチャンネル登録視聴者数14万人以上を持つ人気のASMRtistです。

 

この紙の上に鉛筆を走らせる音。懐かしさや、心地いい感じがしますよね。
ずっと聴いていたくなるような音です。

音フェチにはたまらないこの映像こそ、ASMR動画なのです。

ASMRとは「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚絶頂反応)」の略で、
ある刺激によって、ゾクゾクする感じや心地よい感覚を持つという意味。

音フェチ動画というのは、このトリガーを音によって引き起こす動画のことを指します。

今では大手企業もプロモーションにこのASMR効果を導入しており、
ブランディングや購買意欲を誘うのにとても効果的です。

ASMR効果を導入している大手企業のプロモーション動画

ご覧いただきたいのはこちら。
みなさんご存知のCHANELのオフィシャルムービーです。

バッグが丁寧に創り上げられていく様子を映像と音で表現しているのですが、
ミシンで縫い付けていくシーン、ハンマーで打ち付けるシーン、ひもを通すシーンなど全ての音が聴いていてすごく気持ちいいんです。

また、一つ一つの工程で人の手から奏でられる音には、温かみがありますね。

作品を生み出すように、丁寧に大切に創り上げられたバッグ。
視聴者はこのバッグを手にとって、大切に使いたいという気持ちになります。

この映像はまさにCHANELというブランドの価値を表現しています。

 

また、こちらの楽曲を作曲されているのは国内外で大活躍されている

Rum Hee by Shugo Tokumaru ことトクマルシューゴさん。

以前、世界中の人々で作る音楽アルバムが斬新
という記事でもご紹介させていただいております。

興味をお持ちの方はぜひ読んでみてくださいね!

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら