音楽

音楽ブランディング|企業の世界観を届けて潜在的ファンを発掘しよう

Written by 山内結

皆さん、こんにちは。
サウンドクリエイターの山内結です。

近頃、音楽ブランディングやサウンドデザインという言葉が、ビジネスの間でもよく使われるようになってきました。
初めて音楽ブランディングを取り入れるという企業様も多くいらっしゃいます。

中には自社の音楽を作ることがゴールになってしまっている方もいるのではないでしょうか?

この記事では、そもそも「音楽ブランディング」とは何なのか、そして音楽を取り入れた際の効果についてご説明させていただきます。

音楽ブランディングとは会社の理念を音で表現すること

ありがたいことに、多くの企業様が音楽に興味を持ってくださり楽曲制作のご依頼をいただいております。

そして同時に、どういった楽曲が私達の企業に合っているのだろう?とお考えになるお客様が多くいらっしゃいます。
迷われることはとても当たり前のことだと思います。

なぜなら今まで、「私たちの会社のイメージ」といった視点で音楽に焦点を当てている方が珍しいからです。

 

弊社がご提供させていただく「音楽サービス」は単に"音楽を作る"、だけのサービスではございません。

私たちは企業さまのVISIONや想いを、音楽という手法を使って、表現するお手伝いをさせていただいております。

では、何故「音楽」がブランディングに必要なのか?
その理由をご説明していきます。

"音"の強みは、心へダイレクトに情報を送り込めること

普段の生活の中で得られる情報は目で見えるものだけでしょうか?
確かに文字や写真、デザインなどは分かり易いです。同じだけの知識があれば、誰もが同じように認識することが可能です。

そして同じだけ、「空気感」や「気」といった、目には見えない情報も読み取っています。
例えば、ここは気が悪い、とか、雰囲気がいいといったように一見すると曖昧に思えるような情報も、心や体で確かに受け取っているのです。
音楽はその中の一つで、空気という振動にのってダイレクトに心に入ってきます。

音楽であることの強みは目で見えるものよりも、もっと本質的な部分(心)へ刺激してくれること。

そして一番のポイントは
「本当にその企業の世界観が好きな人がファンとなってくれる」ことです。
音楽は人の心にそれだけ強い印象を残します。

そして潜在的ファンへの認知も広げてくれるでしょう。

ぜひ皆さんも、音楽をブランディングに取り入れて、体験者の反応を確かめてみませんか?

きっと想像以上の反応を感じていただけるでしょう。

 

 

 

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら