ライフ

映画紹介|ヴィヴィアン・ウエストウッド最強のエレガンス

Written by 西中 政和

こんにちは、株式会社MIRAI 代表 西中政和です。
映画情報をテーマにしている「映画紹介」。
今回ご紹介する映画は、ヴィヴィアン・ウエストウッド最強のエレガンス。

77歳にして生涯現役を誓う生き様を描くドキュメンタリー。

広島ではまだ公開してませんが、映画鑑賞。
私が高校生の時に憧れのブランドだったヴィヴィアンウエストウッド。
洋服やアクセサリーを購入した頃を思い出すと少し懐かしい気分になります。

この映画は、77歳にしても生涯現役ファッションデザイナーとして生きるドキュメンタリー映画です。
ファッションデザイナーとして、服を作ることを今も問い続けるその姿勢は、教わることも多かったです。

ヴィヴィアンウエストウッドの生き様は、素敵です。
年齢とか関係なく、人間として、ファッションデザイナーとして進化し続ける姿を見るとアーティストだと思い、芸術的な感覚を取り戻した気がします。

 

INTRODUCTION
英国カルチャーのトップの座に君臨しながら、77歳にして生涯現役を誓うヴィヴィアン・ウエストウッド
そのパワーの秘密に迫る刺激と情熱に満ちたドキュメンタリー!
英国のファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッドは、数々の伝説を纏っている。米国アカデミー賞®の授賞式では、メリル・ストリープやヘレン・ミレン、ティルダ・スウィントン、ヘレナ・ボナム・カーターなど、演技だけでなく生き方までがパワフルな女優たちが、彼女のドレスでレッド・カーペットを飾ってきた。また、映画『セックス・アンド・ザ・シティ』でサラ・ジェシカ・パーカー扮する主人公のキャリーが着たウエディングドレスは、誰もが初めて目にするルックで一大センセーションを巻き起こす。その膝丈バージョンを作って公式サイトでネット販売したところ、一瞬で完売という記録まで作ったのだ。
1993年には、ドラマティックなまでにヒールの高いシューズ“スーパー・エレベイテッド・ギリー”を履いていた、スーパーモデルのナオミ・キャンベルがキャットウォークで転倒。ファッションニュースのトップを飾るほど話題になり、同じ靴がロンドンの博物館に納められた。そして遂には、エリザベス女王から〈デイム〉の称号を授けられる。

だが、何よりもレジェンドなのは、大企業の傘下に入ることなく、77歳にして世界数十カ国、100店舗以上を展開する独立ブランドのトップかつ現役デザイナーという、彼女の存在そのものだ。そんなヴィヴィアンを包んできた、最強にエレガントなベールの裏側に迫る、ドキュメンタリー映画が完成した。

引用:http://westwood-movie.jp/about.php

 

 

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら

Category:ライフ / イベント
西中 政和
12年間美容師として働いた後、IT・Web業界へ転身。2015年に株式会社MIRAIを設立し、コンサルティング、クリエイティブ、テクノロジーの三位一体で「ビジネスの問題解決」に取り組んでいる。顧客と密なコミュニケーションを行い、理念・ビジョンを理解した上で事業戦略やサービス全体をデザインし、現在は全国12道府県に広がっている。セミナー・講演実績は、比治山大学、中小企業大学校、商工会、タカラベルモント広島・岡山、GAMO、創業手帳、WTM、岡Webなど多数。