音楽

Cubaseでフレームレートを表示させる方法

Written by 山内結
みなさん、こんにちは!
サウンドクリエイターの山内結です。

今回は、映像に合わせて楽曲を制作する場合に必須となる、
「フレームレート」をCubase上で表示する方法をご説明していきます。

映像で使用されるフレームレートとは?

フレームレート(fps)とは、1秒間に使われるフレームがどれだけ記録されているかという値です。
数値が高ければ高いほど、動きがなめらかになります。

フレームレートには様々な値があり、60 fps、50 fps、30 fps、25 fps、24 fpsなど、使用される媒体によって変わってきます。

映像に乗せて楽曲制作をする場合は、映像とのフレームレート値を合わせておくことはとても重要です。

「ビデオから取得ボタン」でフレームレートを合わせよう

方法はとても簡単です。

プロジェクトからプロジェクト設定→フレームレート横の「ビデオから取得」ボタンで、一発でビデオと同じフレームに合わせてくれます。


とっても便利な機能ですね!


また、ロケーターの表示をフレームレートに変更するには、
ロケーター右側にある▼三角マーク→60fps(ユーザー)をクリックするだけです。




動画制作における楽曲制作をされる方は、ぜひ参考になさってくださいね。

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら

Category:楽曲制作
山内結
企業のブランドソング・サウンドロゴ・テレビ・ラジオCM・環境音楽などを手がける。ジャンルにとらわれず、人の心を動かす楽曲制作を心がけている。