音楽

環境省が選んだ「残したい”日本の音風景100選”」

Written by 山内結
みなさん、こんにちは!
サウンドクリエイターの山内結です。


日々忙しい生活を送る中で、少しでもゆっくり出来る時間はとても大事ですよね。
インターネット時代において、時々でも自然と触れ合うことは体にも心にもリラックス効果が期待できます。


「環境省」は日本の土地を良く知る行政機関の一つですが、
その環境省が厳選したという後世に残したい”日本の音”があることをご存知でしょうか?


今回は「日本の音風景」のご紹介です。

残したい”日本の音風景100選”とは

日本の音風景100選から 東北編5話  東京シネマ新社製作
音風景をまもるために、平成8年、環境省(当時環境庁)では、「全国各地で人々が地域のシンボルとして大切にし、将来に残して行きたいと願っている音の聞こえる環境(音風景)を広く公募し、音環境を保全する上で特に意義があると認められるもの」として「残したい”日本の音風景100選”」を選定しました。
 この100選は、日本の音風景の多様性がそのまま反映されたものとなり、自然環境だけではなく、文化や地場産業が形成する音風景も含めた、幅広い内容になりました。
その音源も、鳥の声や昆虫の羽音などの<生き物の音>から、川の流 れや海の波などの<自然の音>、祭りや産業などの<生活文化の音>まで多岐に わたります。それぞれがその地域固有の、後世に伝えたい大切な音風景です。 

音で感じる日本の伝統

普段から聞き馴染みのある環境音。

この音を聴くと懐かしい気持ちになる。風景が見える。

そんな記憶に残る音が私たちの周りには沢山存在しています。



あなたがお住まいの土地で響く音風景は見つけられたでしょうか?




残したい日本の音風景100選公式ページ」はこちら

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら

Category:おすすめ音楽
山内結
企業のブランドソング・サウンドロゴ・テレビ・ラジオCM・環境音楽などを手がける。ジャンルにとらわれず、人の心を動かす楽曲制作を心がけている。