クリエイティブ

瀬戸内国際芸術祭2019春に行きました。

Written by 西中 政和

こんにちは、広島Webマーケティング会社 株式会社MIRAI 西中政和です。
GWに「瀬戸内国際芸術祭2019」に行ってきました。

現代アートが好きな私にとって、とても楽しみにしてました。

広島から車を約3時間走らせて、宇野港に到着。
そして、そこからフェリーで直島へ渡ります。
天気もよく、フェリーから眺める瀬戸内の島々の景色は最高に綺麗です。

直島の「宮ノ浦」と「ベネッセハウス」をメインで周りました。
直島といえば、草間彌生の「赤かぼちゃ」ですね!!
一度見ると忘れないほどのインパクトです!!そして、撮影スポットとしても人気です。

直島は、今回で4回目ですが、いつ来ても楽しい気分になります。
島を周りながら、ゆっくりアート鑑賞は、とても有意義な時間です。

GWということもあって、地中美術館や家プロジェクトなどは予約いっぱいで鑑賞することができなかったですが・・。
また、次回の楽しみにしておきたいと思います。

 

瀬戸内国際芸術祭とは

海の復権
「島のおじいさんおばあさんの笑顔を見たい。」-そのためには、人が訪れる“観光”が島の人々の“感幸“でなければならず、この芸術祭が島の将来の展望につながって欲しい。このことが、当初から掲げてきた目的=『海の復権』です。

有史以来、日本列島のコブクロであった瀬戸内海。この海を舞台に灘波津からの近畿中央文化ができたこと、源平、室町、戦国時代へとつながる資源の争奪の場であったこと、北前船の母港として列島全体を活性化したこと、朝鮮通信使による大切な大陸文化の継続した蓄積の通路であったことは、その豊かさを物語るものでした。しかしこの静かで豊かな交流の海は近代以降、政治的には隔離され、分断され、工業開発や海砂利採取等による海のやせ細りなど地球環境上の衰退をも余儀なくされました。そして世界のグローバル化・効率化・均質化の流れが島の固有性を少しずつなくしていく中で、島々の人口は減少し、高齢化が進み、地域の活力を低下させてきたのです。

私たちは、美しい自然と人間が交錯し交響してきた瀬戸内の島々に活力を取り戻し、瀬戸内海が地球上のすべての地域の『希望の海』となることを目指し、瀬戸内国際芸術祭を開催しています。
4回目の芸術祭となる瀬戸内国際芸術祭2019においても、これまで同様、海に囲まれどこからでもアプローチでき、農・工・商が混在した原初の人びとの存在を教えてくれる瀬戸内の島巡りを通し、この先地球上に人が生きること、展望を持つことを考えながら、プロジェクトを展開していきます。

引用:https://setouchi-artfest.jp/about/mission-and-history.html

瀬戸内国際芸術祭2019
https://setouchi-artfest.jp/

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら

西中 政和
12年間美容師として働いた後、IT・Web業界へ転身。2015年に株式会社MIRAIを設立し、コンサルティング、クリエイティブ、テクノロジーの三位一体で「ビジネスの問題解決」に取り組んでいる。顧客と密なコミュニケーションを行い、理念・ビジョンを理解した上で事業戦略やサービス全体をデザインし、現在は全国12道府県に広がっている。セミナー・講演実績は、比治山大学、中小企業大学校、商工会、タカラベルモント広島・岡山、GAMO、創業手帳、WTM、岡Webなど多数。