ビジネス

Googleアナリティクスでユーザー属性(年齢・性別)を調べる方法

Tags:
Written by 西中 政和

GoogleAnalytics

 

こんにちは、広島Webマーケティング会社 株式会社MIRAI 西中政和です。
今回は、Googleアナリティクスについてお話をさせていただきたいと思います。

ホームページのアクセス解析にあたって、ターゲットユーザーがアクセスされているかが重要なポイントの一つになってきます。

例えば、ターゲットユーザーの情報では、「年齢、性別」は大事だと思います。
それは、御社のサービスや商品を「誰」「何を」「どのように」に届けるかをマーケティング戦略を立ててるはずです。

そのターゲットユーザーに自社のホームページで閲覧をされてることを知ることは重要なデータ分析の一つにあたります。

Googleアナリティクスでは、自社のホームページからアクセス数を知ることはもちろんですが、「ユーザー属性」を知ることもできます。


それでは、方法をご紹介させていただきます。

Googleアナリティクスにログインし、オーディエンス>ユーザー属性>概要を調べるとホームページを訪問したユーザーの年齢・性別を確認できます。

上記の管理画面の様に、年齢、性別がデータで分かります。

ビジネスにおいてターゲットとホームページのアクセス解析することでターゲットに情報が届いているかも確認できます。

Googleアナリティクスを使うことで色々なデータを調べることができます。
ぜひ、活用してみてください。

 

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら

西中 政和
12年間美容師として働いた後、IT・Web業界へ転身。2015年に株式会社MIRAIを設立し、コンサルティング、クリエイティブ、テクノロジーの三位一体で「ビジネスの問題解決」に取り組んでいる。顧客と密なコミュニケーションを行い、理念・ビジョンを理解した上で事業戦略やサービス全体をデザインし、現在は全国12道府県に広がっている。セミナー・講演実績は、比治山大学、中小企業大学校、商工会、タカラベルモント広島・岡山、GAMO、創業手帳、WTM、岡Webなど多数。