テクノロジー

CPIサーバーにWP CLIをインストールする

Tags:
Written by Kishimoto

CPIサーバーでWP CLIが使えるみたいなので、インストールして使えるようにしてみる。

サーバーにWP CLIをインストール

% mkdir bin
% cd bin/
% curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar

CPIサーバーのPHPバージョンに合わせる。

% cd ~
% vim .cshrc

.cshrcを開く(作成する)

phpコマンドのエイリアスを作成

touch .cshrc

echo alias php php-7.0 >> .cshrc
alias wp 'php-7.0 ~/bin/wp-cli.phar'

上記を記述して、保存する

% source .cshrc

上記を実行してエイリアスを有効にする

これでwpコマンドが使用可能。

WordPressのダウンロード

% wp core download --locale=ja

wp-config ファイルの生成

% wp core conifg --dbhost=127.0.0.1 --dbname={dbname} --dbuser={username} --dbpass={password}

WP CLI 1.3.0から

% wp config create --dbhost=127.0.0.1 --dbname={dbname} --dbuser={dbuser} --dbpass={dbpass} --locale={locale}

ホストを指定しない場合は、--dbhost=127.0.0.1は不用です。指定がなかったら自動でlocalhostへ割り当てられます。
CPIの「シェアードプラン ACE01」で確認。
また、MySQLのバージョンが5.6の場合はポート番号を変更する必要があるの注意
--dbhost=127.0.0.1:3307のように記述する。これのせいで原因掴めるまで時間かかたorz

問題が無い場合は下記のようなメッセージが表示される
Success:Generated wp-config.php file.

WordPressのインストール

データベースを作成

% wp db create

configで作成したdbnameからデータベースのテーブルが作成されます。
また、CPIではこのコマンドは使えません。データベースの作成権限が無いため。

インストール

% wp core install --url={localhostなど} --title="{サイト名}" --admin_user={管理者ユーザー名} --admin_password={管理者パスワード} --admin_email={メールアドレス}

--urlにプロトコルの入力は不用。ドメインまたはドメイン/ディレクトリなど
--title" "で囲むこと

マルチサイト化

% wp core multisite-convert --title="{ネットワーク名}" --base=/
サブドメインでする場合は
% wp core multisite-convert --title="{ネットワーク名}" --base=/ --subdomains

.htaccessの更新

ネットワーク管理者の設定内にあるネットワークの設置より確認
また、上記の流れで作成して、一度もアクセスをしていない場合は、.htaccessのファイルがないので、自身で作成する必要がある。

株式会社MIRAIでは、Webマーケティング・コンサルティングから
ホームページ制作・動画制作など、様々なご相談を承っております。

お仕事のご依頼・ご相談はこちら